本文へジャンプ
海藻の中で自社取扱い商品の賞味期限

更新情報  2016年5月吉日
わかめは、1年中はとれません。2月から5月上旬ごろまでの時期に採集されます。
それを乾燥・湯通し塩蔵わかめ・カットわかめに処理し、あらゆる方法で保存されます。
自社は、−5度の低温倉庫〜+5度で、1年中原そうを保管管理。

商品についています賞味期限は、その日その日に製造した商品に賞味期限を印字します。

  


わかめの種類名
(自社の取扱い)
採集時期 原料入荷時期 自社の賞味期限
湯通し塩蔵わかめ

原そう・岩手わかめ
原そう・三陸わかめ
原そう・鳴門わかめ
2月から5月 2月下旬から5月下旬
製造年月日より90日

お買い上げ後の保存は、
冷蔵庫。
(水戻し前、袋に入った状態)

参考資料  「湯通し塩蔵わかめの賞味期限表示設定調査」
        著者:門脇昌実(東京農林水産消費技センター)
        1996年2月発行 資料名:農林水産消費技術センター調査研究報告
乾燥・乾(わかめ)

原そう・岩手わかめ
原そう・鳴門わかめ
原そう・韓国わかめ
2月から5月 2月下旬から
12月下旬
製造年月日より1ヵ年

ひじきの採集時期とその他(自社の取扱い)

 ひじきの産地別     採集時期   原料入荷時期     自社の賞味期限
千葉県  3月前後 3月4月 製造年月日より1ヵ年
長崎県対馬  5月前後 6月 製造年月日より1ヵ年
韓国産  4月から5月 7月〜10月 製造年月日より1ヵ年
 その他の種類名  採集時期   原料入荷時期      自社の賞味期限
すきこんぶ
原そう・岩手すき昆布
ふのり
原そう・岩手ふのり
3月中 3月中 製造年月日より1ヵ年


北海道
昆布は、8月〜9月上旬に採集された原料を自社では好んで仕入れをいたします。
自社倉庫は、衛生的な低温倉庫に保存。昆布の保存状態がよいと、採集時期から約5年間
は、お召し上がりいただけます。数値での根拠はありませんが長年の経験です。



北海道昆布の採集時期とその他


昆布の種類名 採集時期 原料入荷時期 自社の賞味期限
日高昆布
利尻昆布
羅臼昆布
道南 真昆布
8月から9月 9月下旬から翌年3月 製造年月日より1ヵ年
棹前昆布(早煮昆布) 5月 7月 製造年月日より1ヵ年
とろろこんぶ
おぼろ昆布
塩吹昆布
8月から9月 加工製品は、原そうを
低温倉庫で保管し、
熟成させその都度加工。
製造年月日より
10ヶ月
松前漬こんぶ 8月から9月 加工製品は、原そうを
低温倉庫で保管し、
その都度加工
製造年月日より
10ヶ月